豊後橋駅

※実在しない架空の鉄道です。

駅名標
普通 準急 通急 急行 快急 特急

隣駅の駅番号をクリックすると移動します

時刻表(PDF)

平日下り 土休下り

構内図

構内図
1番線:[下り]豊沼 大岡 神園センター 高峰方面
2番線:[下り]豊沼 大岡 神園センター 高峰方面
3番線:[下り]豊沼 大岡 神園センター 高峰方面
4番線:[下り]豊沼 大岡 神園センター 高峰方面

画像をクリックで拡大します(凡例


運賃表

運賃表

各種設定・解説

駅概要・沿革
 南都市中央区に位置する本線の駅。1910年に八重川南岸のターミナルとして開業し、1948年に高架化され、現在の3階建て駅舎が完成した。2009年から翌年にかけてリニューアル工事が行われ、かつて飲食店街が立ち並んだ1階は惣菜・スイーツ店が入居する「豊後橋一番街」と生まれ変わった。
駅構造
 駅舎は3階建てで、主に1階は定期券発売所や駅ナカ商業施設「豊後橋一番街」、2階は改札やホーム、3階は駅事務室として使われている。ホームは4面4線で、1番線から3番線は降車ホームがあり乗降分離が行われているが、4番線は輸送力増強のために3番線ホームを削って増設されたため、降車ホームを持たない。改札は元々中央改札の1か所のみだったが、先頭車両の混雑解消などを目的に2010年に1階コンコースが整備され、計5か所となった。1番線降車ホームから通じる南東出口改札と3・4番線ホームから通じる北東出口改札は朝のみの降車専用改札で、ラッシュ時の客を捌くために機能している。地下鉄東西線・坂本筋線改札へは各改札からアクセスできる。
ダイヤ
 豊沼まで逃げ切るため、多くの普通が優等列車の直後に発車する。主に急行は1・2番線に、普通は3・4番線に発着するが、朝ラッシュなど過密時間帯はこの限りではない。最終電車は平日0時52分、土休日0時39分と遅く、楓が丘までは地下鉄東西線利用で最終の新幹線から間に合う。




inserted by FC2 system